iPS細胞を守れ2009年03月10日 13:00

先ほどiPS細胞(新型万能細胞)の
第一人者である京都大学の山中教授が
ホワイトハウスに招かれた。

というのもアメリカは今まで
胚性幹細胞(ES細胞)の研究を
宗教的見地から禁止していた。
(従来、ES細胞は
ヒトの受精卵から作られていた。)

それをこのたび解禁するというもの。
その米大統領令の署名式典に
招待されたのだ。

これも普通の組織からiPS細胞を
作り出した山中教授の功績かもしれない。

ただ米国が本腰を入れたとなると
日本の優位性はいつまで保てるか
おぼつかない。

山中教授も「日本は取り残されてしまう」
と危機感を吐露している。

今後の研究発展の成果如何では山中教授の
ノーベル賞受賞は確定的だが
産業としてのiPS細胞利用において
日本は取り残されるかもしれない。

それでなくても資源のない日本
この利用に全力を注ぐ価値はあるのでは。
(日本の研究費は諸外国の数分の1)

名はもちろんであるが実もとれ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iwachan.asablo.jp/blog/2009/03/10/4165245/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。