海賊(11)2008年11月24日 10:06

「大海賊時代」

時は16世紀半ば、南米やメキシコで
次々と金銀山が発見された。

スペインはメキシコとリマ(ペルー)
に造幣局を作り
大量の金銀貨を本国に運んだ

太平洋側にはこの金銀貨を
交易で東洋の絹と交換する船団
「ガレオン船団」が運行され

大西洋側にはカリブ海を
抜けてスペインに
絹や金銀貨を運ぶ
「財宝船団」が運行された

この財宝船団をねらって
カリブ海で暗躍したのが
海賊たちでした。

その多くは英国や仏国
の荒くれや失業者でした

彼らは航海食として
日干し肉を食べており
この現地語に由来して
バッカニーアと呼ばれていた。